診療方針

質の高い診療を行い、皆様に最大限によくなっていただく

ありふれた疾患から難治性の疾患まで、可能な限り対応させて頂きます(時間外対応を要する可能性が高い,他科との緊密な連携が必要,大きい手術を要するなどの場合は,病院をご紹介させて頂きます)。

病状および治療の選択肢・副作用について,わかりやすく正確にお話しし、十分に納得して頂いた上で、個々の患者さまに最適の治療を行います。

対応可能な検査

血液検査(特に膠原病)
皮膚生検、貼付試験(パッチテスト:金属シリーズ、持参物)
紫外線テスト(UVA,ナローバンドUVB)、
ダーモスコピー(主に黒色のできもの)
血流評価(超音波ドップラー法:静脈瘤,末端の血流低下)

対応可能な治療方法

紫外線療法(ナローバンドUVB:乾癬、白斑、掌蹠濃疱症、アトピー性皮膚炎,加齢や糖尿病・腎機能障害に起因するかゆみなど)
イオントフォレーシス:帯状疱疹後神経痛,多汗症(手のひら)
高周波メス:良性腫瘍,しみ(わずかでも盛り上がったもの)
液体窒素による凍結療法:いぼ、良性腫瘍
手術※1,2:良性腫瘍、陥入爪など

※1.広範囲あるいは複雑な場合などは、病院へ紹介させていただきます。
※2.レーザーによる母斑(あざ)の治療は行っていません。

主な対応疾患

1.湿疹・皮膚炎

急性湿疹,慢性湿疹、アトピー性皮膚炎、手湿疹(手荒れ,主婦湿疹)、接触性皮膚炎(かぶれ)、痒疹

2.炎症性皮膚疾患

乾癬、掌蹠膿疱症、多形紅班、結節性紅班

3.水疱症(診断確定後に,病院へ紹介させて頂く可能性が高いです)

天疱瘡、類天疱瘡

4.膠原病(診断確定後に,病院へ紹介させて頂く可能性が高いです

強皮症、皮膚筋炎、全身性エリテマトーデス,血管炎

5.真菌感染症

白癬(みずむし,たむし)、カンジダ、癜風

6.ウィルス感染症

単純疱疹(ヘルペス)、帯状疱疹(ヘルペス)、水痘、ウイルス性疣贅(いぼ)、伝染性軟属腫(みずいぼ)

7.細菌感染症

蜂窩織炎、丹毒、感染性粉瘤(アテローマ)、ざ瘡(にきび)、爪囲炎

8.皮膚腫瘍(悪性の場合は,病院へ紹介させて頂く可能性が高いです)

良性腫瘍、悪性腫瘍

9.皮膚潰瘍(きず)

下腿潰瘍、糖尿病性潰瘍、熱傷(やけど)、褥瘡(とこずれ)

10.小児の皮膚疾患

乳児湿疹、アトピー性皮膚炎、オムツ皮膚炎、伝染性膿痂疹(とびひ)、伝染性軟属腫(みずいぼ)

11.フットケア

胼胝・鶏眼(タコ・ウオノメ)、陥入爪、巻き爪、難治性の白癬(みずむし)・爪白癬(つめみずむし)、足趾壊疽、糖尿病足(病院へ血流評価等を依頼することがあります)

12.その他

白斑(ナローバンドUVB療法)、円形脱毛症(SADBE療法)、蕁麻疹、薬疹、疥癬、梅毒