みずむし (水虫) を徹底的に治しましょう!

−みずむしは本当に治らないの?−

「みずむし (水虫) は治らない」「みずむしが治せればノーベル賞ものだ」と言われることがありますが,果たして本当でしょうか?
皮膚科医の立場からすると,「NO!」です。現在のみずむし(足白癬)外用薬は強い殺菌力を持っています。
では,なぜ「みずむしは治らない」と言われるのでしょうか??答えは5つあると思われます。

写真をクリックすると、拡大写真を表示します。(ブラウザの戻るボタンで戻ってください)

1. 治療期間や外用薬の使用量が足りない。

外用薬による治療期間は2〜6か月間を要します。また、両足の裏全体に塗る場合には1か月に4〜5本を要するため、高価な市販薬の使用では追いつきません。

2. 湿疹化している病変にみずむし薬だけを塗っている(写真1)。

水虫の症状 写真1

写真1

みずむし薬を塗るとみずむし菌(白癬菌)は消失します。しかし、赤みやかゆみを帯びてジュクジュクする(湿疹反応)病変はひとり歩きしてしまい,ステロイド薬を併用しない限り改善しません。

3. ゆびの間が白くなっている病変にみずむし薬だけを塗っている(写真2)。

写真2

写真2

みずむし薬を塗ると水虫菌は消失しますが、白くなっている病変は細菌感染が原因なので改善しません。抗生物質を塗布すると多くは治癒するものの,どうしても治らない場合もあります‥。

4. みずむしではないと思って外用していない(写真3・4)。

「みずむしはかゆい」と思われがちですが,赤みのないみずむしの多くはかゆくありません。
この中には、皮膚の角質が厚くなった角化型も含まれます(写真4)。角化型では菌まで薬剤が届きにくいため、外用薬に加えて内服薬の併用が必要です。

写真3

写真3

写真4

写真4

5. 爪みずむし(爪白癬)を合併している(写真5)。

写真5

写真5

爪水虫からは常に水虫菌が散布されています。
爪みずむしは非常に難治ですが,内服薬を使用すると3人のうち2人程度は治ります。さらに,爪をルーターで削る等により,治療成績はもう少し上がります。

以上のポイントを踏まえて,適切な治療方針で十分な期間にわたって治療を行うと,大部分のみずむしは治ると言えます。